西念侑甫 (Yu-suke Sainen)  須恵器小品

西念侑甫さんは地元の土にこだわる陶芸家の一人です。

泉州一帯が奈良時代より須恵器生産の一大拠点だった歴史性を下敷きにした作品を手がけています。

無釉焼き締めの陶芸は備前や信楽など産地ごとに知られるものですが、須恵器のもつ特性と現代作家ならではの個性とを一つにまとめた器づくりが氏の持ち味です。毎月、ご自身で新作をお持ちくださいますので、折りあえば、いづみのギャラリー椿にて制作のお話などお聞きできます。

Exif_JPEG_PICTURE

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中