つくり手のこだわりに付き合う

Exif_JPEG_PICTURE Exif_JPEG_PICTURE

常設展 「窯元の器」にご出品いただいている 西念祐甫(さいねんゆうすけ) さんより徳利数種と粉引き(こびき)の器を出品いただきました。氏は岸和田市三田町にて窯元のご父君のもとで制作されています。今回の徳利は氏自身のこだわりで作られているもの、粉引きの器は「白の器」にこだわるギャラリーの要望でお持ちいただきました。
徳利の魅力はなかなか伝えづらいものながらギャラリーには忌憚なくご出品いただいています。当所では、つくり手の真面目な制作を展示場を通して応援する一方で、古作、模範作の類品を店主が併設出品することで、モノを通しての対話を制作者に提供します。

「つくり手のための開かれた展示空間」をモットーにして二年目の椿の季節、変わることのない姿勢を貫きます。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中