泉州の陶芸家 2016年春

昭和のはじめから戦後にかけては茶人、数奇者、有識者、資本家、種々の人の間で桃山時代の陶磁への関心が高まりました。泉州岸和田の地にもその機運をうけて、招聘された二人の陶芸家がいました。加藤泥二、小林一雅、・・・千亀利窯という名を背負い、唐九郎、豊蔵、半泥子といった復興桃山陶の巨匠と同時代を歩んだ二人の仕事は、彼らにつづく次代の陶芸家の活躍からもその足跡の大事がうかがわれます。岸和田に生まれながら古備前を極めんとする川崎靖英、萩に立った浜中月村、生涯を当地におく復興須恵器の西念秋生、かく然り。

ギャラリー椿では土地の来歴と人物に系譜をたどる展示をご用意しています。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

参考価格:
千亀利窯 刷毛目茶碗 紫野雪窓老師極箱 118,000円
轟窯 西念秋生 伊賀花生 88,000円

二月は農作業の手のとまる雨の日のみの営業です。あしからず。

手織り工房「心織」(こころおり)Michiko Namihira

うれしいこと、かなしいこと、こころの糸をほどいてもう一度織りなおすことができたなら、きっとこんなにもたくさんの色の折り重なりにその人らしさを見ることができます。自由自在の色づかいが魅力の心織の作家さんは素材の加工も自由自在。想いのこもった帯や色留袖を裂き織りで素敵なバッグに仕立て直してくれます。
参考価格:手織りマフラー3,800円 手織りベスト10,000円 裂織バッグ(仕立て代)18,000円

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

Exif_JPEG_PICTURE

「クラフトもえ 手織り作品展」2015年11月5日(木)~22日(日)

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
 糸が重なり合うことで色が紡がれる、手織りの仕事をお届けします。織り上げられた布は特別な作品でありながら、毎日の暮らしに馴染んでくれます。どうぞ作品を通して出会った色を大切にしてあげて下さい。ご自身の暮らしを自分らしく彩ってくれる出会いがありますように。

山中文子(Fumiko)さんの手仕事 :「グラスリッツェンと和の飾り物」2015年8月22日(土)~9月20日(日)より

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

山中(Fumiko)さんの手仕事は古い着物と出会うところに始まります。その時代の幾人もの職人さんの手を経て出来上がった布から大切なものを受け取って、そしてひと針ひと針の手縫いを重ねます。立ち現れたタペストリーのそれぞれに感じる息吹きとともにご高覧下さい。

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

「グラスリッツェンと和の飾り」 2015年8月22日(土)~9月20日(日)

四季折々の暮らしの彩りを古布でつくる山中文子(Fumiko)さんと、グラスリッツェンの山中真秀(Maho)さんの作品展。

グラスリッツェン(glasritzen)とは16世紀ヨーロッパに遡るガラス工芸の一種で、器体の表面に意匠を彫ることから「手彫りガラス」「ダイヤモンドポイント」とも呼ばれます。ガラスの厚み、彫りの濃淡、器体内外への絵柄の配置によって、透明で硬いはずの素材は色感と柔らかさを得ます。日常を自身の感性で彩るお二人の手仕事をご高覧下さい。 販売作品:ガラス小品500円~

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

6人のつくり手さんと

Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE
Exif_JPEG_PICTURE

「6人のつくり手さんと」 2015年8月13日(木)~21日(金)
お得意様のご町内が盆踊りと聞けば、店主以下夜な夜な出掛けております。和泉、岸和田、泉大津、貝塚、・・・。さて、ひと足早く休み明けのギャラリーでは馴染みの作り手様6人をお迎えして、踊りの輪よろしく賑やかに「古布」と「木綿」を素材にした新作展を開催中です。
なお、浴衣、夏帯の展示即売は今月末まで。ふだんは正札のお店のつもりですが、「ブログ見たよ」の合言葉で値引き交渉応じます。宜しくお越し下さい。

出品:平山繊維(株)、アトリエもも、古布や、弥生、山中文子、北浦民子(順不同)